Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/terada/xn--eck7a7bp0pxd0906bp1zbymspuk.com/public_html/wp-content/themes/southG_corp/single.php:25) in /home/terada/xn--eck7a7bp0pxd0906bp1zbymspuk.com/public_html/wp-content/themes/southG_corp/header.php on line 11
転職サイト人気ランキング | なるべくロスを減らしたい!転職の平均期間を短くする方法

フリーターにおすすめの就職サイト

転職サイト診断.com 転職サイト診断.com

なるべくロスを減らしたい!転職の平均期間を短くする方法

3~6ヶ月が多い!転職の平均期間の主な注意点は?

転職の平均期間ですが、長くて6ヶ月、短くて3ヶ月というケースが、過去から現在にかけて続いています。

どうして6ヶ月もかけて転職しているのかというと、それは、選り好みしている内に時間が経ってしまうからです。

人によっては、自分好みの求人が見つからなかったため、本格的な転職を行うまで、ずっと転職に必要な資格勉強をされている人もいます。

注意点として、退職されてから転職よりも、会社に在籍中の間を狙って転職を行ったほうが良いです。

転職というと、人によっては周りに迷惑をかけるということで、退職されてから転職される人もいますが、このような対応にこだわる必要はどこにもありません。

重要なのは、転職の影響で勤務先に迷惑をかけないかだけです。

例えば、転職が決まっているのに上司に相談をしない、退職の手続きを雑にこなしてしまうなど、報連相に問題があると気分の良い転職にならないでしょう。

実際に、転職サイトのデータを確認すると、転職者の過半数は会社に在籍しながら転職活動を行っているため、それほど異様な行動では無いのです。

平均期間を短くしたい!勤務先とのバランスを考えて退職する

働きながら転職活動を行っていると、辞めるタイミングを見失ってしまう人もおられます。

そのため、会社にとっての繁忙期を回避して転職活動を行う、このようなマナーを理解しておいたほうが良いです。

転職活動で失敗する人の中には、転職先が決まってから2週間と経過せずに転職する人もいます。

繁忙期の場合は、1ヶ月間ほど繁忙期が続くこともあるので、余裕を持って転職できるように、3週間、もしくは4週間ほど勤務をされてから転職を行ったほうが良いです。

この時に重要なことが、転職の平均期間にこだわりすぎて、雑な転職になっていないかどうかです。

引き継ぎを行う、引き継ぎ用の資料を作成する、重要な取引先の連絡帳を作成しておくなど、できる限りの対応をしておくと良いです。

このような対応が雑な場合、退職後に電話がかかってくるなど、しまらない結果になることもあるので注意してください。

複数まとめて応募する!現代ならではの応募テクニック

転職経験が浅い人ほど、1社のみで転職を行うほうが誠実だと、このように思っていることが多いです。

転職サイトを利用してみるとわかるのですが、基本的にこのような転職の対応は、かえって転職の平均期間を長くするだけで、転職者、現在の勤め先の人たちにとって迷惑な行為です。

というのも、すぐに転職先が決まらない場合、いつ辞職するのかがハッキリしなくなるため、お互いに気苦労が絶えなくなることもあります。

求人の応募先によっては、色良い返事を出してくれることもあるのですが、すぐに面接結果が出るわけではありません。

大企業によっては、2週間近く待たされることもありますし、複数で応募されていても咎められることが少ないため、転職の平均期間を考慮して転職活動を行う場合は、複数まとめて行ったほうが良いでしょう。

転職で便利なサービス!話題のエージェントサービスを利用する

複数まとめて応募するのが、どうしても苦手という場合は、標準で複数まとめて応募に対応しているエージェントサービスを利用しましょう。

エージェントサービスで登録を行うと、マッチした求人情報をもらえる仕組みになっています。複数の企業に対して紹介を行うという形で、企業側から選んでもらえるサービスもありますので、スキル、キャリアに自信がある場合は、このようなサービスを利用して、転職の平均期間を短くするのも良いでしょう。

退職までの流れ!転職の平均期間で知っておきたい豆知識

企業で勤務されている場合、解雇などの条件を満たさない限りは自主退職となります。

また、企業では引き継ぎを重んじているため、辞めたいタイミングで辞められないことのほうが多いと理解しておきましょう。

もし素早く辞めたいのであれば、あらかじめそのことを上司と相談しておくようにします。

外資系企業の場合、メールなどで辞職の手続きを進められることもありますが、日本は、書類を通じて厳正な対処をするよう命じてくるため、何かしらの方法で辞職までの日数を短くするのは難しい、もしくは迷惑な行為になる場合が多いのです。

それと、上司のみ挨拶しておいたほうが良いというわけでもありません。可能であれば、部署のメンバーとも会話しておくようにしましょう。

というのも、新しい勤務先が決まった後も交流が続く、もしくは会社ぐるみの付き合いになるケースがあるからです。

似通った内容の仕事に転職する場合、意外なところで交流する、もしくはビジネスパートナーとしての付き合いを、余儀なくされることもあります。

個人のわがままで動いてしまうと、このような場面で恥をかくこともあるので注意してください。