Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/terada/xn--eck7a7bp0pxd0906bp1zbymspuk.com/public_html/wp-content/themes/southG_corp/single.php:25) in /home/terada/xn--eck7a7bp0pxd0906bp1zbymspuk.com/public_html/wp-content/themes/southG_corp/header.php on line 11
転職サイト人気ランキング | 器用貧乏タイプに多い!やりたい仕事がない人の転職方法

フリーターにおすすめの就職サイト

転職サイト診断.com 転職サイト診断.com

器用貧乏タイプに多い!やりたい仕事がない人の転職方法

やりたい仕事がない人の転職!3つのタイプに分類し判断する

やりたい仕事がないと感じながらも、なぜか転職について考えることが多いという場合は、以下の3つのタイプに分類できないかを判断しましょう。

タイプその1は器用貧乏タイプと呼ばれているもので、自分の才能を活かすことばかり考えている場合は、器用貧乏タイプに分類できます。

就職してからすぐに転職について考えることが多いタイプなので、転職で失敗することが多いでしょう。

タイプその2は変身願望タイプです。転職について知識がない場合、面接後に不採用というケースが多いため、自身に対して過大評価を行っていないか考えましょう。

タイプその3は慎重派タイプです。

もっと冒険しても良いので、なぜか冒険できない人は慎重派タイプと思ったほうが良いでしょう。

ただ、タイプ1、タイプ2と比較して良好な転職になることが多いので、慎重になってしまう原因を探って対処すると良いです。

器用貧乏の場合が多い!現状を理解して冷静な判断をしよう

もし、器用貧乏タイプのためやりたい仕事がないという場合は、次のことに注意してみると良いでしょう。

まず、自分のどのようなところに価値があるのか、そのことを箇条書きしてみると良いです。

器用貧乏タイプで困っている人の多くは、転職を急がないといけないという考えを持っているため、転職に対する満足度が低いことが多いです。

また、自分にはどのような才能があるのか、そのことを理解できていない人も多く、何度転職されても転職後に不満が残るため、やりたい仕事がない人の転職による典型的な失敗となりやすいでしょう。

仕事に対して、実はそれほど思い入れが強いわけではない場合、このようなことを考えている自分を受け容れると、妥協も含めて転職を行えるようになります。

変身願望が強い!そんな人ほど躍進できる環境を理解する

収入、待遇、役職を意識して転職することが多い人は、変身願望タイプに分類されます。

退職理由が、今の仕事は自分に合っていないから辞めるというケースも、変身願望タイプに分類されるので、自己都合を重視して転職を考えている場合は、なぜそのような考えを持っているのか、そのことを自分なりに理解したほうが良いでしょう。

もしかすると、職種そのものが自分のやりたいことに見合っていない可能性があります。

例えば、販売職ではなく技術職、営業職になりたかった、もしくはコミュニケーション能力を求められる、そのような仕事がしたかったのかもしれません。

そのため、変身願望タイプは自分に素直になることが重要です。

嫌々ながら転職を繰り返していると、やりたい仕事がない人の転職となりやすいので、個人で悩むよりも転職サイトのエージェントサービスを利用するなど、転職アドバイスを受けたほうが賢明でしょう。

どちらかというと慎重派!スキルを重視して判断しよう

20代の転職ではなく、30代以降の転職に見られがちなタイプが、慎重派タイプの転職です。

やりたい仕事がない人の転職というより、やれることが増えてしまったため、キャリアアップ、もしくは他業種に転職したいという考えを持っていることが多いです。

やる気がまったく無いわけではないので、過剰に自分の転職に対する意識を責めないほうが良いでしょう。

慎重派タイプは自分に対して厳しい一面があります。

ですが、このような考えは1人で悶々と思考している結果でしかないので、他の人の意見を参考にすると良いでしょう。

転職で成功した人のブログ、口コミを参考するなど、明るい情報をキャッチしてみると、やりたい仕事がないという意識がガラッと変わることもあります。

プロに相談する!やりたい仕事がない人の転職でも成功例が多い

個人で転職について考えると、やりたい仕事がないという気持ちになってしまう場合は、もしかするとすでにやりたい仕事が決まっているのかもしれません。

そのため、このような気持ちもあり不安定な状態にある人は、エージェントサービスを利用してみると良いでしょう。

エージェントサービスは複数存在するだけでなく、無料で登録できる便利なサービスです。

エージェントサービスを利用すると、自分の希望にマッチする職業、そして仕事に対する啓発を行えるようになっています。

プロのアドバイザーと対話できますので、仕事に対して個人で考えるよりも、前向きな検討を繰り返すことが可能なのです。

また、求人のマッチングだけでなく、交渉を行ってくれるエージェントサービスも増えてきました。交渉というのは、面接を予定している企業との間に、プロのアドバイザーが介入してくれるのです。

そのため、面接などを考えると無気力になってしまう人も、エージェントサービスのおかげで自分に合った仕事を見つけられた、このようなケースも多く存在します。”